私見ですが、最初に一言。

「仮想通貨はこれからの世界を大きく変えると思います。」

ここ最近、仮想通貨市場が急激に伸びてきていて、ビットコインや仮想通貨って言葉をよく耳にするようになったと思います。
なんでここまで話題になっているかと言うと、簡単に言うと仮想通貨市場がバブル状態と言っても過言じゃないからです。
そんな話題の仮想通貨について出来るだけ分かりやすく話していきたいと思います。

仮想通貨とは?

仮想通貨は正式には暗号通貨と言います。

仮想通貨(暗号通貨)とは、簡単に言うとインターネット上にしか存在しないお金のことです。
例えば日本の1万円札やアメリカの1ドル札のような紙幣などのお金って、実際にこの世界に実体のあるものとして存在しますよね。
それに対して仮想通貨はインターネット上にしか存在していません。

もっとイメージを持ってもらえるように話すと、皆さんが例えば交通系ICカード(SUICAなど)やセブンイレブンのNANACOカード等にお金をチャージしますよね。
あのチャージされたお金って実体は無いですけど、そのカードの中にはきちんとチャージされた分のお金(いわゆる電子マネー)が入っていて、その電子マネーを使ってコンビニで商品が買えたり、電車に乗れたりしますよね。
そういった皆さんが普段使っている電子マネーの感覚に、仮想通貨は似ています。

ただし、電子マネーではチャージしているお金を送金することは出来ませんが、仮想通貨の場合は、持っている仮想通貨を国内外問わず送金することができます。
そして、電子マネーにチャージしているお金はその価値が変動しませんが、仮想通貨はその価値が変動します。
円やドルが、円安や円高などといって、その価値を日々変動させているのと同じイメージです。

円やドルやユーロなど様々なお金があるように、仮想通貨もたくさんの種類(数百種類)の仮想通貨があります。
その中の代表的な仮想通貨として皆さんが良く聞く「ビットコイン」があります。

仮想通貨がどうしてお金として機能するのか

ここでまず一つ考えてほしいのは、お金がなぜお金として機能するかということです。

皆さんが普段使っている1万円札や千円札などの紙幣ってただの印刷された紙ですよね。
このただの紙が何故商品を買ったりサービスを受けたりするお金として機能するのか。

それは、日本の法律で定められた日本銀行が発行していて、みんながこの1万円札や千円札をお金だと認めているからです。
日本そのものをみんなが信用しているから、この1万円札や千円札がお金として機能するということです。

つまり、皆がお金として認めればそれは価値が認められお金として機能するんです。
例えば大昔であれば、石で作られたお金がお金として機能していましたよね。あれが昔の人たちが石で作られたお金をお金として認めていたからです。
同じように、仮想通貨も皆がお金として信用し認めれば、お金としての価値が認められ機能するということです。

なんで皆が仮想通貨にお金をつぎ込むの?

皆が仮想通貨にお金をつぎ込むのは、大きく分けて2つの理由があります。

①世界共通で使えるお金として非常に便利だから

例えば皆さんがアメリカに旅行したとします。
アメリカに旅行するとき、皆さんは円からドルに両替をしますよね。
わざわざ両替手数料まで払ってお金を両替する理由は、円が海外では使えないからです。これって正直すごく不便な話なんですよね。

仮想通貨がこれからもっと普及していくと、世界中色んな所で仮想通貨で支払いが出来るようになります。
実際、今、世界中多くのところで仮想通貨の使えるお店が増えてきています。

今のクレジットカードが世界中色んな所で使えるように、仮想通貨が色んな所で当たり前のように使えるようになると、わざわざ高い手数料払って両替する必要が無くなります。
そして仮想通貨決済はクレジットカード決済に比べて、お店側が支払わなければいけない決済手数料が断然安いのも魅力の一つです。

お客さんがクレジットカードで商品を買えば、その売上の3~4%を手数料としてお店側はクレジットカード会社に支払わないといけませんが、仮想通貨決済の場合は、お店側にかかる手数料は1%未満です。
このようにお店側としても仮想通貨決済を導入するメリットが大きいです。

また外国送金でもかなり役に立ちます。
今、外国にお金を送ろうとした時、銀行で高い手数料を払って外国送金をしなければいけません。
そしてお金が実際に相手の口座に着金するまでに何日もかかります。
これが仮想通貨で相手に送金する場合は、自宅のパソコンから相手の仮想通貨専用の口座(アドレスといいます)に送るだけで完結します。非常に送金手数料が安く、また、長くかかっても数時間で相手のアドレスに着金します。

このように仮想通貨は、今のお金世界の不便さをかなり解消し、この世界のお金のあり方自体を大きく変えてしまうような可能性を大きく秘めているということです。

②儲けられるから

そして多くの人が現在仮想通貨を買っているのは、投機の意味合いが強いです。
※投機・・・短期的な売買によって利益を狙おうとすること。

仮想通貨はその仕組みが大変画期的で、「金(きん)」のあり方によく似ています。
「金」が埋蔵量に限度があるように、仮想通貨もまたそれぞれの発行量に限度が設けられています。これは通貨の価値を守る為です。

ビットコインの場合であれば2100万枚までしか発行されません。この2100万枚を皆で分けるということになります。

つまり、発行枚数(供給量)が限られている為、皆がビットコインが欲しいと思えば思うほど(需要が増えれば増えるほど)ビットコインの価値は上がっていくということです。
同じように他の仮想通貨についても上限発行枚数が決まっているので、供給量に対して需要が増えれば増えるほど通貨の価値が上がっていくということになります。

ぶっちゃけこれから仮想通貨に参入しても儲かるのか

個人的な意見にはなりますが、結論から言うと仮想通貨市場はまだまだ儲かる、というか正直まだバブルは始まってすらいないと思っています。
何故かと言うと、仮想通貨は今のお金の不便さを改善し、これからの世界のお金のあり方を大きく変える可能性を持っているにも関わらず、まだ仮想通貨を保有することが、世界中の人たちにとって当たり前の感覚ではないからです。

確か2016年10~11月頃に仮想通貨の時価総額が1兆円を突破したというニュースを耳にしましたが、それから半年程度経った今では、その10倍の10兆円を超えている状況です。

10兆円の市場と聞くと人によってはすごいと感じる人もいると思いますが、仮想通貨がどんどん広まって、世界共通のお金として世界中で使われることになれば、現在の10兆円では到底収まらなくなるでしょう。
日本だけの国家予算でさえ100兆円ありますからね。

確か世界で出回っているお金の総量(株式や不動産なども含め)が現在17京円くらい(1ドル110円計算)です。

計算すると、仮想通貨の時価総額10兆円というのは世界のお金の総量のうちのたった0.006%程度にすぎないということが分かります。
仮に世界のお金の総量の1%程度まで伸びたとすれば、その時価総額は1700兆円になります。今の170倍ですね。

今の伸び方を見ているとそのくらいの時価総額には当然なるだろうなーというのが感想です。
仮想通貨を知らない人の方が多いので、今はまだこの程度の規模ですが、世界中で今後仮想通貨の取引所も増えていくでしょうし、ビットコインを始めとした仮想通貨決済、仮想通貨ATMの設置が増えていくにつれ、仮想通貨を持つことの利便性は高まっていくので、その価値は長期的に見ればますます伸びていくでしょうね。

それでも着実に仮想通貨は世界に浸透してきています。仮想通貨が使用できるお店は世界的に増えてきており、日本では2017年4月に仮想通貨のことを規定した法律も施工されました。

仮想通貨のこれまでの伸びは著しい

仮想通貨の代表的なビットコインの価格は最初は0.1円とかです。
それが2017年5月現在では1ビットコイン当たり200,000円以上の価格になっています。
単純に計算して200万倍にも価値が上がっており、それだけ最初に比べてビットコインがお金として信用されてきているということです。
今では金1gよりも1ビットコインの方が断然価格が高いですからね。凄いことです。

また、ビットコインだけでなく他にもたくさんの仮想通貨があり、多くの仮想通貨がたった1年以内で何十倍と価値を上げてきています。
例えば下の図を見てください。(※クリックで大きくなります)

この図は仮想通貨の時価総額ランキングになっています。(簡単に言うと仮想通貨人気ランキングみたいなものです。)
上の図の赤枠で囲っているところは1日前と比べたときの価格の上昇率です。赤枠内の赤数字のところは前日比マイナス、緑数字のところは前日比プラスということになります。
これを見るとたった1日で10%以上価値が上昇している仮想通貨がザラにあり、たった1日で20%や30%、100%以上価格が上がっている通貨さえあります。

いつも株とかやっている人は分かると思うんですが、時価総額ランキングトップ15以内の銘柄で、1日でこれだけ多くの通貨が10%や20%、100%以上価値を上げているっていうのはめちゃめちゃ凄いことなんですよね。
この日の前日に例えば10万円分通貨を入手してた人は、1日で20万円以上、100万円分の通貨を新しく入手してた人は、1日で資産が200万円以上に増えたってことになります。

ちなみに上のランキングに載ってる15種類の通貨のここ3カ月のチャートになります。どの通貨も価値がどんどん上昇しています。どの通貨を買っても勝てたという位のレベルです。
それくらい仮想通貨市場が盛り上がってるということです。

仮想通貨は発行枚数が決まっているので、単純に仮想通貨市場に参入する人が増えれば増えるほど、供給量(仮想通貨の上限枚数)に対して需要(仮想通貨が欲しいと思う人)が増えることになるので、仮想通貨の価値がどんどん上昇していきます。
前は仮想通貨を怪しいと思って信用しない人が多かった(仮想通貨を欲しいと思う人が少なかった)ので、仮想通貨の価値は低かったんですけど、最近は仮想通貨が徐々に認められ、たくさんの人が欲しいと思うようになってきたので、色んな仮想通貨の価値がグングンと伸びてきているということです。

たった3か月でこの上昇なので、それだけ仮想通貨を欲しいと思って参入してくる人がたくさん増えてきているということです。
仮想通貨はこれから認知度が上がれば上がるほど、参入してくる人が増えてくるので、東京オリンピックに向けて、これからのさらなる盛り上がりが期待できます。

仮想通貨を始める上で認識しておくべきリスク

ここまで目を通した人の中には仮想通貨を始めてみたいと思った人もいると思います。
ただ、仮想通貨は美味しい話ばかりではありません。
きちんとリスクを認識したうえで行うことが大切です。

仮想通貨は投資(投機)なのでリスクがあります。以下のリスクがあることはしっかり押さえておきましょう。

①通貨価値の下落

仮想通貨は何百種類とありますが、一番信用力が高いビットコインでさえその価格は上がったり下がったりを繰り返しながら、その価値を何十倍と伸ばしてきています。
そのため購入した直後にビットコインの価値が下がることもよくあることです。

10万円分購入したビットコインの価値が1か月後に20万円に価値が上昇している可能性がある反面、5万円に下落してしまう可能性もあります。

どうせ長期的に伸びるから、と将来性を考えて購入する分には良いですが、1か月大きく稼いでやろう、などと短期的な期間だけで考えて投資すると損してしまうこともあります。


仮想通貨は、「その通貨を買った時の価格よりも、売る時に価格が上がっていれば利益が出る」という単純な話で、反対に「その通貨を買った時の価格よりも、売る時に価格が下がっていれば損してしまう」ということになります。
投資に慣れていない人は、短期で売買して利益を出そうとは考えず、将来的に価値が上昇してくれればいいといったように、長期的思考で保有しておくことをオススメします。
(皮肉にも短期で売買を繰り返している人よりも、長期で持っていた人の方が結果として大きな利益を出している気がします。笑)

②最悪の場合、投資額がゼロになる事もある

仮想通貨は、最悪の場合、投資した額がゼロになるリスクもあります。
これはどういう場合かというと、
(1)購入した仮想通貨の価値がゼロになる場合や、
(2)仮想通貨を預けている取引所が破綻したような場合です。

(1)について、購入した仮想通貨の価値がゼロ同然のものになれば、その通貨を購入した分の資産はゼロ同然のものになります。ただしこれはよほど信用度の低い仮想通貨を保有しない限りは、考えにくいことなので、国内の取引所に上場しているような信頼ある仮想通貨であれば、基本的には大丈夫でしょう。それらの通貨の価値がゼロになるというのは到底考えにくい話です。

(2)
について、仮想通貨は「取引所」と言われるネット上のサイトで購入することができます。ネット上のサイトとは言っても個人が運営しているわけではなく、きちんと会社が運営しています。
取引所は仮想通貨を売買するだけでなく、銀行の預金のように、購入した仮想通貨をその取引所に預けておくこともできます。
ただし、銀行と違うのは万が一取引所が、ハッキング被害などを受けて破綻した場合は、預けている資産はゼロになってしまうということです。

過去に一度だけ取引所がハッキング被害を受けて倒産した会社があります。それがマウントゴックスという会社です。
2014年に起き、今ではその会社の名前を使って「マウントゴックス事件」と言われています。

また、取引所の自分のアカウントのパスワードを抜かれ、不正ログインされて、お金を引き出されてしまった場合も資産はゼロになってしまいます。できるだけパスワードは長く分かりづらいもので設定しておくことをオススメします。ちなみに私は英語と数字、記号を混ぜて40文字程度のパスワードを設定しています。
(※追記:国内大手取引所のコインチェックが、不正ログインにより引き出しが行われた場合、100万円を上限として損害を補償してくれるようになりました!)

おわりに(これから仮想通貨を始める人へ)

以上、終盤では仮想通貨投資のリスクについても触れましたが、仮想通貨の良いところは、
「これだけ資産が何倍、何十倍と伸びることが期待できる割に、最悪でも投資した金額分しか損しない」

ということです。
別に投資した額の何倍、何十倍と損するリスクがあるわけではありません。最悪でも投資した金額までしか損しません。
これは仮想通貨投資の非常に魅力的な点でもあります。

投資なのでリスクはあります。ただ、それを指し引いても仮想通貨投資はすごく魅力的な投資だと思います。
実際私自身も仮想通貨を始めてから、ありがたくもかなり儲けさせていただいていますしね。

正直、国内取引所に上場しているような信用ある仮想通貨は、どれを保有していても遅かれ早かれ、それらの価値はどんどん伸びていくと思っています。
それくらい仮想通貨の将来的な期待値は高いですし、銀行に長期間寝かせておくだけなら、その一部を仮想通貨として保有しておくことをオススメしておきます。

先ほど少し話したように、仮想通貨の購入は「取引所」で行えます。

国内の取引所では、取引量が多く、セキュリティレベルの高いコインチェックで初めておけば間違いないと思います。
国内で最も多くの仮想通貨(暗号通貨)を取り扱っており、初心者にも大変丁寧で分かりやすいのが特徴です。
「万が一不正ログインによる盗難があった場合、100万円を限度に補償する」というサポートも加わりましたしね。他の取引所に比べて保証も手厚いです。
もちろん登録・利用にあたって、登録料、利用料等はかかりません。(無料です)

登録自体は5分~10分程度で終わりますが、実際に制限なく取引ができるようになるまで1週間程度の時間を要しますので、早めに登録しておくことをオススメします。


<国内No.1オススメ仮想通貨取引所>

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin